洗顔後、ミストの美顔器で潤いを与えます。顔全体のマッサージで更に血行促進、シワ伸ばし、浮腫み取り意識しながら20分間。その後すぐに潤いを閉じ込めるように乳液を顔全体と首、鎖骨に塗り込みます。パッティングしながら入れ込むイメージです。最後にドクタージャルドの肌再生クリームを塗り込みます。プルプルツルツルツヤツヤの仕上がりです。この2本のみのお手入れがシンプルイズベストなんです。

保湿力、とろみいろいろな化粧水を使いました。値段は1本?15,000する物を中心に使って来ました。どれを使っても私には水くらいの効果しかありませんでした。塗った直後は潤うが継続はしなかったのです。ある日、化粧水を切らしていて美顔器の後に仕方なく乳液を塗ったんです。すると翌朝調子が良いことに気付き、ワンクール実験することにしました。すると、みるみる肌のツヤが生まれました。何よりツルツルすべすべ感は経験がないほどです。足し算だけではなく足したら引くことも大切なんだと気付き今の乳液先行に自然といきつきました。

乳液先行にすることでお肌にコーティングができます。なのでその後に塗るクリームの伸びが良くなり少量で済むようになりました。クリーム系は容量が少なく金額もお高めです。経済的にも良くなりました。逆に乳液を塗ったあとに化粧水はオススメできません。乳液コーティングを施した肌にいくら塗ってもお肌には入ります。弾かれてただ無駄にするだけです。塗るなら絶対にクリームを塗りましょう。

私はもともとオイリー肌でした。なので、今までは乳液は使っていませんでした。しかし、オイリーだけではなく、ミックスオイリーだということに気付きました。ミックスオイリーとは乾燥が原因で乾燥しているから皮脂を出さなきゃと肌本来の持つ力が働き、オイリーバランスの崩れが原因です。他にも冷え性、地の滞り、水毒などが原因でなる場合もあります。ですから、自分の肌質がこうだと決め付けづ年々お肌も環境、食事、体調などで変化するものだということを頭に入れてその時々に合わせたスキンケアをオススメします。乳液先行がどんな肌質に合う、合わないとは一概に言えません。

基本的にここがずば抜けて優れているという事はありません。長く使うにあたり、肌にストレスを感じないこと。湿疹や肌荒れがないこと。負担なく継続できる価格。一般的に知名度があり、信頼の実績がある。といったところが使い続けるポイントです。乳液の質に関してはほどほどが良いと思います。ただ、使う手順に差が出るのだと私は思います。